メイク崩れの原因と対策

メイク崩れの原因

メイク崩れの原因ってなんだか知っていますか。

知らずに今まで、1日に何度も何度もメイクを直して嫌になってしまっている人も多いのではないでしょうか。
メイクが崩れる原因は主に「皮脂」と「乾燥」です。
この2つは、どちらもメイク前と普段のメイクに少ししたことを工夫すればかなりメイク崩れは抑えられます。
毎日に少しプラスしてメイクを崩れにくくしましょう。

皮脂による崩れ対策

皮脂によるメイク崩れ対策で、あぶらとり紙やティッシュで皮脂をとっている人は多いのではないでしょうか。しかし、あぶらとり紙などで皮脂を頻繁に取ってしまうと逆に多くのあぶらが出てきてしまいます。

それは、皮脂はお肌の乾燥を防ぐために必要なので、必要以上に取ってしまうとさらに出てきてしまうためです。なので、これから紹介する方法で皮脂を出にくくし、そして崩れにくいメイクをしましょう。

 

1、ベースメイク前の保湿
あぶらっぽいからと保湿をしっかりしないと、乾燥を防ごうと皮脂がさらに出てきてしまいます。
特に崩れて欲しくないときは、フェイスマスクをするとさらに効果的です。
この時のポイントが化粧水やフェイスマスクは冷蔵庫で冷やしておくことです。
冷やすことで毛穴が引き締められるため、皮脂が出にくくなります。

 

2、余分な皮脂は取っておく
しっかり保湿した後は、Tゾーンなど皮脂の出やすいところはティッシュで優しく抑えるようにして余分な皮脂を取っておきます。
このひとてまで、崩れにくくなります。

 

3、ベースメイクは薄くしっかり
ベースメイクが厚くなってしまうと崩れやすくなります。
メイク下地→ファンデーション→フェイスパウダーの順でつけていきます。
ポイントはフェイスパウダーの前に何もつけていないスポンジで全体を抑えます。
こうすることでファンデーションが肌にしっかりフィットするため崩れにくくなります。
フェイスパウダーは全体に薄くつけ、鼻周りに特にしっかりつけておきましょう。

 

4、チークは重ね付け
チークはクリームとパウダーの重ね付けすることで落ちにくくします。
クリームチークは少量ずつ付けると失敗しません。
パウダーチークは少量でOKです。

 

5、マスカラやアイライナーはウォータープルーフのものを
落ちやすいマスカラなどはウォータープルーフのものを使うと崩れにくくなります。

 

7、スプレーをする
メイクが落ちにくくするためのスプレーがあるので、それを顔全体に薄くスプレーします。
こうすることで、さらに崩れにくくすることが出来ます。

 

8、口には落ちにくいものを
グロスは落ちにくいものが多いので、リップや口紅などの落ちにくいものを選ぶようにしましょう。
それを薄く塗ることで、さらに崩れにくくなります。

 

参考にしてみて下さい。

乾燥による崩れ対策

乾燥によるメイクの崩れはとにかく保湿がカギになります。

普段のお手入れから見直してみましょう。
乾燥しているときのメイクのポイントを紹介します。

 

1、ファンデーションはパウダー以外
パウダーファンデーションは肌の水分を取ってしまうので、余計に乾燥してしまいます。
そのため、リキッドタイプのものなどを使うようにしましょう。

 

2、乾燥したした時は保湿をする
メイクをしていて乾燥を感じた時には、メイクの上から使えるミストタイプの化粧水があるのでそれを使います。
メイクの上から少量つけて優しくなじませましょう。
そうすることで乾燥しにくくなります。

 

3、夏の乾燥にも注意
乾燥と言えば冬だと思ってしまうと思いますが、意外と夏もエアコンなどの空調の効いた部屋では乾燥します。
なので、夏でも化粧水は持ち歩くようにしましょう。

 

乾燥の場合はこれらを注意しましょう。
あとは、皮脂による崩れ対策と同じで大丈夫です。